日本人が海外FXで取引することは違法なの?

「海外FXは違法だ!」

 

「海外FXは法律に触れている。」

 

「今、海外FX使ってしまっているけど、実際のところ違法かどうか気になる・・・」

 

心配や不安な声がよく見られるので違法性について解説していきたいと思います。

海外FXは違法なのか?

結論は海外FXで取引することは違法ではありません、合法です。

 

この答えは金融庁のホームページ記載しています。

 

 

自分で海外FX口座を開設しトレードすることは何も問題はありません。

 

身近なことで例えるなら

  • 日本では無修正のAV(アダルトビデオ)を見ることを禁止していますが、海外のサイトを通じてAVを鑑賞することはOKです。(グレーゾーンですが(笑))

 

この仕組みから、日本ではダメだけど海外のサービスを使う分には法には触れないということです。海外FXの利用も一緒ということです!

 

チェック

ライセンス無登録 = 違法 ではない。

なぜ海外FXが違法と言われるのか

日本の有名FXブローカー

  • GMOクリック証券
  • SBI証券
  • みんなのFX
  • ヒロセ通商

国内ブローカーを上げると切りがありませんが思いつくだけでも数社くらいはFXトレーダーならお分かりになると思います。

 

国内ブローカーは絶対日本の金融庁より金融商品取引のライセンスを得て運営をしていますよね。

しかし!海外FXブローカーが違法だと煙たがられる理由はまさにココにです。

 

私がおすすめしているXM(エックスエム)などの多くの海外FXブローカーには日本の金融ライセンスがありません。日本では金融庁から許可が下りなければ運営つまり営業してはいけない決まりです。

 

つまり違法では?と認知されているのではないでしょうか。

 

ですがご安心下さい。

海外FXブローカーを検討している方、今使用されている方も上記を見ていただいた通りで無登録業者と取引することは違法ではありません。

海外FXブローカーが日本の金融ライセンスを取得するとどうなる?

海外FXブローカーが日本の金融ライセンスを取得すると日本国内のルールを適用した運営をしなければいけません。

つまり、海外FXブローカーを利用したハイレバレッジ取引が出来なくなるということです。

 

海外FXブローカーは一般的にレバレッジ400倍から高い所で1000倍まで扱っている業者がありますが国内では最大レバレッジが25倍を決められているため、海外FXブローカーが日本の金融ライセンスを取得してしまうとハイレバレッジ取引ができなくなってしまうっということです。

 

国内FXは最大レバレッジが25倍のため、資金が潤沢にない人にとって国内FXブローカーで運用が満足出来ないでしょう。海外FXブローカーならレバレッジを有効活用すれば少額からでも大きな利益を生める可能性は十分にあるためチャレンジする価値ありです。

海外FXブローカーを利用して違法になるケース

税金制度について

国内FXでは申告分離課税が適用され、利益から一律20.315%が税金として納めなくてはなりませんが、海外FXブローカーを利用する方は総合課税の累進課税が適用します。

 

主に大きな違いは海外FXを利用すると稼げば稼ぐほど支払う税金が増えるということです。

 

例え利用している海外FXブローカーだとしても稼いだ利益は国内に納税しなければなりません。脱絶をしてしまうと追微課税も加算され、さらに多く支払わなければならなくなります。

稼いだらしっかり収支を付けておきましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です