MT4とMT5について解説!どっちを選ぶべき?

世界中で愛用されている「MetaTrader(メタトレーダー)」。

トレーダーなら一度は使ったことはあるであろう取引プラットフォームです。

今回は、MetaTrader4とMetaTrader5について解説していきます。

MT4とMT5の違いとは?

MT5はMT4の進化版になります。

MT4とMT5の動作を比較した動画をYOUTUBEにアップされていたので、載せておきます。

ご覧いただければ、お分かりいただけると思いますが動作が早いです。

 

何故なら

 

MT5はMT4よりもメモリ消費量が多い為、より早く動作するようになっているみたいです。

 

足の切り替えのタイミングなどを見ていると驚きますね。
初動の速さがまるで違います。国内業者なんて論外の遅さです・・・。

 

だからと言って、MT5が優れているのか言われるとそうではありません。

 

メモリを多く使うことで低スペックのPCは動作が重いとの意見もあるようです。

PS:動画上では指標トレードを行っておりますが、私はおすすめしません。

POINT

MT4よりMT5のほうが動作が早い。
低スペックPCだと、動作が重い可能性がある。

MT4よりMT5は時間足が多い

【MT4】9種類

  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 4時間足
  • 日足
  • 月足
  • 週足

 

【MT5】
MT4の9種類に加えて、12種類が追加可能になりました。

  • 2分足
  • 3分足
  • 4分足
  • 6分足
  • 10分足
  • 12分足
  • 20分足
  • 2時間足
  • 3時間足
  • 6時間足
  • 8時間足
  • 12時間足

 

私的にMT4で時間足は十分に足りてるので、MT4からMT5へ切り替える決定打になりませんね。

 

POINT

MT4よりMT5は時間足が12種類増える。

MT4とMT5が使える業者は?

国内業者は何十社とありますが、MT4が使えるところは限りなく少ないです。
有名どころで、オアンダや楽天証券、トレードフィナンシャルですかね。

MT5に関しては、残念ながら国内業者で扱えるところはありません。

対して、海外業者のほとんどがMT4とMT5に対応しております。ご安心ください。

POINT

国内にMT5を扱っている業者がない。
海外業者ならMT4・MT5を扱っている所が豊富。

EAやカスタムインジケーターが使えない

MT5が進化版と言われながら、あまり普及していない原因と言われるのが、EA(自動売買ソフト)やカスタムインジケーターが利用できません。

 

理由はMT4で利用しているEAやカスタムインジケーターはMT5では使えません。
MT5用に再開発する必要があるため、手間やお金が掛かる面からMT5は人気が無いのでしょうか。

 

EAやインジケーターに頼らない裁量トレーダーならMT5に移行してなにも問題はありません。

POINT

MT4とMT5ではEAとカスタムインジケーターに互換性がございません。

MT5の今後について

トレーダーにとって現状MT4をメインに使っている方が非常に多いですね!

 

1年間で行われたアップデート数がMT4よりMT5のほうが多いという記事を見かけましたが、システム会社に勤める私の意見になりますが、アップデート数が多いという事は不具合改善の処理かもしれませんのでもう少し普及した頃合いを見て移行したほうが良いもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です