【FX】相場から退場していく負け組に共通する3つの敗因とは

トレードを行う上で、必ずリスクと向き合っていく必要があります。

FXおいてリスクゼロで勝つことは不可能です。リスクあってのリターンが得られます。

そんな私も大学生のFXを始めてかれこれ5年経ちました。
始めの1年は負けが続き、毎月バイト代を入金して試行錯誤の日々でした。

いまはしっかり利益を出し続けることに成功してはいるものの、これからFXを始められる方、始めたばかりの方に向けて絶対負けトレーダーの真似をしてはいけない共通点をお伝えしたいと思います。

負けトレーダーの共通点 3選

1.損切りが出来ない

損切りとは、FX投資において注文後のレートが逆方向に進み含み損が出ていても決済できないことを指します。

おそらく、今FXで生計を建てられているプロや兼業トレーダーと誰にでもこの経験はあることでしょう。

FX投資において「損切りが出来ません」と言う方は多くいます。
そのうちの1人が始めたばかりの私ですので、非常に気持ちが分かります。

頑張って貯めたバイト代や給料をさらに増やそう!といった思いで投資しているわけですから簡単にマイナスを確定させたくはありませんよね。

大損するかもしれないと分かってはいるものの、「レートが戻ってくるかもしれない」といった軽はずみな考えでポジションを塩漬け状態にする傾向が初心者には多くあります。

もちろんレートが戻ることもありますが、時と場合によっては証拠金が耐えられずロスカットされるケースだってあります。

ファンダメンタル的要因で言うと、経済指標により大きく動く時間帯にポジションを保有していれば相場は大きく動くため、プラスも考えられますがマイナスに転ぶ可能性があります。テクニカル分析であれば、逆方向へ進んでしまった場合に一定のラインを突破されてしまえば、注文したタイミング時の根拠は必ず失います。

トレードを行う上で大事なのは注文前に損をする許容範囲を決める事です。損失はコントロールできるのだから注文前にプラスの事ばっかり考えず、リスクについてスカスカの頭の片隅に置いておきましょう。

Check・OCO注文でストップ指値を入れる。
・損小利大を目指す。
・リスク管理の重要性。

 




 

2.インジケータに頼りすぎ

上画像のように複数のインジゲータを利用されていませんか?

検証をされていない小手先の手法ではいつまで経っても稼ぐことは出来ません。その場しのぎのトレードになってしまいます。

インジゲータ自体を否定しているわけではありませんが、FXは基本的に多数決により相場の動く方向性が決まります。つまり皆と同じ所で注文を行い、皆と同じ所で決済を行えば勝てるという事です。

では、大衆心理を読み取るにはまず、「ローソク足」の動きや形を勉強する必要がございます

テクニカル分析を行っていく上でこの本は聖書みたいなものです。

ローソクの足の形や波について、インジゲータの使い方をより詳しくしるされています。まだインジゲータに惑わされ負け続けているトレーダーのあなたに是非とも一度は目を通されるといいでしょう。

相場は毎日違う形をしているようで大体似てます。過去チャートの検証をなくして勝つことは出来ません。
自分の手法を1000回試して、勝率が高い手段で実際の相場と向き合ってみて下さい。

FXを副業にするなんて考え自体甘いです。FXを本業以上にする気持ちがなければお金を増やすことは出来ません。

「インジゲータがこの形になったらエントリー」
このようなインジゲータに依存した考えは今日で捨ててください。

勝つためには
「注文が入りやすいポイント」を探し、エントリーしていくことです。勝率7割であれば資金が増えることは間違いありません。得意の形を見つけ手段を選んでください。

損切り幅と同等する値に利確と損切りに指値を入れる手間を省かないでください。エントリー根拠が崩れたのであれば、早めの損切りもありです。

Check・ローソク足の動きや波に注目
・インジゲータはエントリー根拠にはならない。目安程度。
・優位性のあるエントリーをする。

3.一喜一憂している

トレード毎に勝って喜んだり、負けて悔しんだりすることは悪いことではありませんが、一喜一憂することでなぜ負けに繋がるのか?を考えました。

人間は意図的に、勝った時の喜びよりも負けた時の悔しさのほうが大きいです。

例えば、10万円勝った負けたといった場合グラフのように人間は意図的に、満足度<(よりも)悔しさのほうが感情的に大きくなってしまいます。

一時的な感情として終わればいいものですが、残念ながら人間は引きずります。

勝った場合
勝つことの優越感に浸ることで次のトレードではエントリーポイントが曖昧なポイントだったり、前回のよりも大きくロットを張り損失に繋げるケース。

負けた場合
マイナスを確定されれば悔しいものです。すぐに取り返そうといった気持ちが入る事で希望的観測ばかりの根拠がないトレードを行うケース。

勝ち負け関係なく、トレードで勝ち続けていくには感情を殺すか、メンタルを鍛えるしかありません。
勝っても次に備えて頭を切り替える。負けても損を受け止めやすいよう金額を抑えるなど工夫の仕方はそれぞれです。

私の場合は、エントリー直後に利確と損切りのポイントに指値を入れチャートから離れます。これも熱くならないためのやり方です。

損切りに慣れるには、デモ口座ではどうしようもありません。自分のお金ではないから感情移入しないよね?注文数量を最小限に抑えてリアル口座で回数を積み重ねるしかありません。

Check・自分が熱くならない努力や工夫を考える。
・練習あるのみ